トップページ > 更年期障害に効果的な食べ物や飲み物とは?

更年期障害に効果的な食べ物や栄養素とは?

更年期の冷えやのぼせの悩みを和らげるために効果的なの薬やサプリ・漢方だけではありません。私達が日々何気なく口にしている食べ物や飲み物をもとにして私達の体はできています。辛い更年期の症状を緩和し乗り切るために効果的な食べ物や栄養素を見ていきましょう。

更年期障害にはホルモン分泌を調整する食べ物が効果的!

更年期障害の原因は、加齢やストレスや活性酸素の影響を受けて卵巣機能が低下することよりおこります。卵巣機能の低下により女性ホルモンの分泌量が減少しホルモンバランスが乱れることで様々な症状になって悪影響があらわれ始めます。
女性ホルモンのバランスを調整するのによいとされる食べ物には以下の食材があります。

大豆

女性ホルモン調整作用を持つ代表的な食べ物が豆腐や納豆などの豆腐を使った食べものです。豆腐や納豆に含まれる大豆イソフラボンには代表的な女性ホルモンであるエストロゲンに非常によく似た働きがあることがわかっています。
しかし、近年大豆イソフラボンの女性ホルモン様作用の恩恵を100%受けるには腸内細菌の働きによりエクオールと呼ばれる成分に変化する必要があることがわかっています。エクオールに変化することができれば大豆は日本人の身近にある食材の中でも最高の効果がある嬉しい食材です。

ナッツ類・かぼちゃ・アボカド

これらの食材に多く含まれるビタミンEにはホルモンバランスを調整する作用に加えて血行促進効果もあり血行不良が原因できている生理不順を改善することも期待できます。

牡蠣・レバー

牡蠣やレバーに含まれる亜鉛は更年期障害の直接的な原因を作る卵巣に多く含まれる成分でホルモンバランスの調整作用もあるとされています。さらに牡蠣には後述の自律神経を正常化する効果も期待することができるためとてもおすすめの食材です。

 

更年期障害には自律神経を調整する食べ物が効果的

ホルモンバランスが乱れることにより脳にある視床下部や下垂体とのフィードバック機構と呼ばれる連携システムにトラブルが生じ始めます。その結果、自律神経が疲弊し消耗することで更年期障害のめまいやのぼせなどの症状が起こり始めます。」

 

この症状を引き起こす自律神経の働きを正常化するためには以下の食材や栄養素が効果的だとされています。

豚肉・牡蠣・うなぎ

豚肉に含まれるビタミンB1や牡蠣に含まれるビタミンB12には自律神経の働きをささえる効果があり疲弊した自律神経の働きを正常化するために非常に効果的だとされています。

 

ほうれん草・レモン・ピーマン

ほれんそうやレモンに含まれるビタミンCには自律神経の働きを正常する作用があります。ビタミンCはストレスを受けることにより大幅に消費されてしまう栄養素でもあるためストレス社会と呼ばれる現代人にとって不足しがちな栄養素と言えます。

 

他にも更年期のイライラに効果的なカルシウムを含む乳製品や小魚も更年期障害の症状がつらい時には積極的に摂りたい食材と言えます。

 

繰り返しになりますが、私たちの体は日々の食生活によって体調や体の基盤ができています。症状がつらい時には1つ1つの食品を摂る意味まで考えて効果的な栄養素を効果的に補うようにしましょう。

メニュー