トップページ > その汗、更年期障害かも!? 顔汗が止まらない原因と多汗を止める方法

その汗、更年期障害かも!? 顔汗が止まらない原因と多汗を止める方法

最近、暑くないのに顔から汗がダラダラ、、、もしかして更年期? 
更年期障害の自覚症状としてもっとも分かりやすく、思い浮かびやすいのが「多汗」の症状です。
更年期になるとなぜ汗が止まらなくなるのか、なぜ顔や脇の下ばかり多汗になるのか、更年期にまつわる疑問は尽きることがありません。
こちらのページでは、更年期障害のもっともメジャーな症状、「更年期と汗の関係」について調査をしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q: 暑くもないのに、なぜ突然汗が止まらなくなるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汗腺のうち、全身の皮膚の浅いところにあるエクリン腺が、更年期障害の多汗の原因になります。

 

エクリン腺の役割は主に2つあります。

 

1.体温調整
2.精神的緊張時にでる発汗作用
精神的ストレス、食生活の乱れ、ホルモンバランスの変化などが原因で交感自律神経が正常な働きをしなくなると、エクリン腺から多量の汗が分泌されます。

 

つまり、更年期前後に起こる閉経によって卵巣の働きが弱くなり、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が減少します。
ホルモンバランスに不調和が生まれることにつられ自律神経のバランスに乱れが生じ、血管の拡張や収縮がうまくコントロールできなくなります。

 

その結果、昼夜、暑さに関係なく多量の汗が出るのです。

 

このような更年期の突然の発汗を「ホットフラッシュ」と言います。

 

 

Q: なぜ、顔と脇の下ばかりに多汗をかくのですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃しっかりと汗をかくような運動をしていますか? 
なかなかこの年代の女性には難しく、ついつい運動不足になってしまっている方が多いと思います。体調不調が続くとなおさら、動くのがおっくうになってしまいます。

 

こうしたあまり汗をかかない生活が続いていると、汗腺の機能は休眠してしまい働かなくなってしまいます。
顔の筋肉は、運動をせずとも会話や表情、食事の際に頻繁に活動をしていることが多く、汗腺が正常な働きを保っていることが多いです。
また、脇の下は全身の中でも汗腺が密集している部位のひとつであること、心臓から近いため冷えづらいために汗腺の活動が活発になっています。
顔と脇の汗が目立つのにはこのような理由があるのです。

 

 

 

Q: 顔汗、気にすると、ますます出てくるのはなぜ?

 

 

 

 

 

 

 

 

突然、顔汗が止まらなくなり… 恥ずかしい!どうしよう… と気にすると、ますます汗が止まらなくなってしまった経験はありませんか?

 

この現象には、先ほど説明したエクリン腺の役割の2つ目「精神的緊張時にでる発汗作用」が関係しています。

 

極度の緊張時に額や手に汗をかく経験は誰でも一度は体験をしたことがあると思いますが、エクリン腺は精神的な緊張や不安時にも発汗することにより、身体のバランスを保とうと働く特徴を持っています。

 

そのため、「どうしよう、、、」と精神的な緊張や不安を感じるとさらなる発汗を呼ぶ、負のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

 

 

Q: 多汗を止める方法はあるのですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔や脇の下ばかりに汗をかく理由として、日頃あまり体を動かさず汗をかかない生活を続けていると汗腺が働かなくなり、発汗しやすい顔や脇の下ばかりに集中する…ということでしたよね。

 

ですので、これを止めるには… ウォーキングや水泳など適度な運動を取り入れ、全身の汗腺のバランスを保ち、全身から汗が出るようにすることが大切です。 

 

ぬるめのお湯にゆっくり入ることで、血行がよくなるだけでなく、発汗するので多汗対策にとても有効です。半身浴などで、汗腺の働きを正常に保つことができます。

 

食事でも多汗を予防することができます。ショウガや納豆、大豆製品などを積極的にとるようにしましょう。逆に、カフェインや刺激物、アルコールは控えめにするようにしましょう。
辛いものなどをとりすぎると、汗をかいたときの匂いの原因になることがあります。汗が止まらないだけでも困るのに、匂いまで…それは嫌ですよね!

 

また即効性のある対策として、小さな保冷剤などを常備しておき、顔がほてってきたらさっと首の後ろを冷やすようにしましょう。
首の血管を冷やすことで、暑さが改善され汗の量を緩和することが期待できます。

 

 

 

■更年期の多汗対策は体を動かすことからはじめましょう!
このように、更年期障害の多汗の原因がわかれば、その対策にも納得ですよね。
汗で悩んでいるのに、動いたらもっと汗がでてしまう!! なんて事は間違いだとわかりましたよね。

 

一番は体を動かすこと!です。運動が難しければ、日々、できるだけ階段を使う…家の中でも小まめに動く、ストレッチをするなど、少しずつでも動くようにしましょう! 適度に体を動かすことは更年期障害の対策だけでなく、健康にも良く、精神的なリフレッシュにもつながります。

 

 

 

メニュー