トップページ > 男性にも更年期障害があるの!?発症年齢や症状チェック方法まとめ

男性にも更年期障害があるの!?発症年齢や症状チェック方法まとめ

次の4つの疑問点について見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Q: 男性にも更年期はある?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更年期障害は男性にもあります。
男性の更年期障害は、テストステロンという男性ホルモンの減少により起こります。
女性の閉経のように劇的にホルモンが低下するといった大きな変化はなく、徐々に減少していくため、個人差が非常に大きく発症を認識しづらいことが特徴です。

 

テストステロンの減少に加え、過度のストレス、運動不足や肥満なども間接的な要因となります。
男性の更年期障害が、近年明らかになるまでは、原因不明の不調にあらゆる病院をたらいまわしの結果、原因不明、うつ病といった精神的疾患と診断されることが多くありました。

 

しかし、現在は原因も明らかになり、自然治癒は難しいことも判明しました。
早期に対処すると症状も軽くすむ場合も多く、適切な治療により自分にあった対処をすることで解決可能な症状がほとんどです。

 

 

  Q: 男性更年期障害の発症年齢は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男性ホルモンの一種であるテストステロンは20代をピークにどんどん分泌量は減少し、その後大幅に増えることはありません。
一般的には、40代後半から50歳前後での発症が1番多いことが分かっています。
この時期の男性は、テストステロンの減少に加え、仕事や家庭でも、さまざまなストレスをかかえる時期であることも症状の発症と密接な関係があります。
また、30代でもこのテストステロンが減少すると更年期障害と同じ症状が発生します。
発症年齢はあくまでも表面にすぎず、男性ホルモンの分泌量に本質的な問題があります。

 

 

 

Q: どんな症状があらわれるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性更年期の症状と同様に、発汗、のぼせ、ホテリなどがあります。
その他、テストステロンが減少すると、意欲や集中力が低下しますので、やる気がなくなり、新しいことにチャレンジする意欲が減少したり、今まで楽しんでいた趣味が急に億劫になってしまったりします。人付き合いも面倒に感じる傾向があります。

 

睡眠障害も出てきますので、日中常に眠たくて仕事の効率が大幅に下がることもあり、筋力が低下するため、常に身体のどこかが凝ったり、痛みが生じたりします。

 

また、性機能の低下により、性欲がなくなり、朝立ちが減少します。同時に泌尿器系の機能低下をするため、頻尿や残尿感に悩まされるかたも少なくありません。

 

このように、ありとあらゆる身体的機能の低下と、倦怠感などの精神的な症状が連鎖して起こることがおおく、放置をすればするほど辛さは増し、日常生活に支障が出るだけでなく、これからの老後にも大きな影響を及ぼすこともあります。

 

 

 

Q: 男性更年期障害のチェック方法は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なし
(1点) 軽い
(2点) 中等度
(3点) 重い
(4点) 非常に重い(5点)
総合的に調子が思わしくない
関節や筋肉の痛みがある
ひどい発汗がある
睡眠の悩みあある
よく眠くなる
いらいらする
神経質になった
不安感がある
体の疲労や行動力の減退がある
筋肉の低下がある
憂うつな気分だ

「絶頂期は過ぎた」と感じる
力尽きた、どん底にいると感じる
ひげの伸びが遅くなった
性的能力の低下がある
早朝勃起(朝立ち)の回数の減少
性欲の低下がある

 

 

50点以上   ⇒ 重度の可能性あり。専門医の受診を受けましょう。
37〜49点   ⇒ 中等度の可能性あり。専門医の受診を受けましょう
27〜36点   ⇒ 軽度の可能性あり。気をつけましょう。
17〜26点   ⇒ まだ大丈夫です。休養と気分転換をしましょう。

 

男性の更年期障害を放っておくと、倦怠感や疲労感がどんどん強くなり、不眠症やうつ病などの症状に重症化してしまいます。また、EDや心血管疾患を誘発することがあります。
日本のED有病率は世界でも高いことで知られており、EDの有病率=心血管疾患リスクといわる通り、更年期障害の治療をすることは、心血管疾患(心筋梗塞など)のリスクの軽減にも繋がります。

 

男性の更年期障害は自然治癒することはありません。
気になったらすぐにチェックし、必要な場合は専門医の診察を受けることをおすすめします。

 

メニュー