トップページ > 若年性更年期障害の発症はいつから?症状や原因、更年期障害との違いは?

若年性更年期障害の発症はいつから?症状や原因、更年期障害との違いは?

◆若年性更年期障害はいつ頃から発症するの?

 

 20代〜30代の若い女性に増えてきている、生理不順や生理がなくなるなどの更年期障害と同じような症状が出ることを「若年性更年期障害」といいます。別名プレ更年期と呼ばれることもあります。

 

 

通常更年期障害は、個人差はありますが40代半〜50代半くらいの年齢の閉経前後5年間の更年期と呼ばれる時期に発症します。
 自分は若いしまだまだ関係ない!と思っていたら、予想外に更年期のような症状が出て驚き、ショックを受ける女性も多いです。
 もし、生理が止まったり、不調が続いている場合早めに婦人科を受診し対策することで数年後の身体に大きな差が出ます。 放置すれば最悪不妊症の原因になったり、将来更年期障害が重くなったりといったリスクがあるからです。早めの対応が大切です。

 

更年期障害と若年性更年期障害の違いはどこにあるの?

若年性更年期障害と更年期障害を比較してみました。

 

 

若年性更年期障害 更年期障害
発症時期 20代〜30代
(プレ更年期) 45歳〜55歳くらい
(更年期)
発症原因
(主なもの) ストレスや疲労等による自律神経の乱れからくるホルモンバランスの乱れ
(エストロゲン減少) 老化に伴う卵巣機能の低下によるホルモンバランスの乱れ
(エストロゲンの急減)
症状(共通) のぼせ・発汗・頭痛・めまい・動悸・息切れ
イライラ・うつ・腰痛・冷え・不眠・おこりっぽい・
性交痛・むくみ・肩こり など

 

両方とも同じような様々な体調不良が起こるという共通点があります。ただし根本的な発症原因は異なります。

 

更年期障害は、加齢に伴い卵巣機能が低下することで女性ホルモンの分泌が急減しホルモンバランスが乱れることが原因で起こります。

 

 一方、若年性更年期障害はホルモンバランスの乱れが要因であることは同じですが、
 ストレスや疲労による自律神経の乱れ→卵巣機能が弱まる→エストロゲンの分泌が減少→生理周期が乱れる のが主要因とされています。
 若年性更年期障害の発症は若い女性特有の生活習慣や環境による影響を大きく受けています。

 

20代・・・社会に出たばかりで初めての経験がプレッシャー、ストレス
      職場の人間関係の悩み
30代・・・結婚・育児などライフスタイルの変化によるストレス
      責任のある仕事を任されることの重圧 
      家族関係の変化

 

 これらに加えて、過度なダイエット、不規則な食生活などがストレスとなり
それを解消しようと脳が働きます。すると卵巣機能のコントロールがうまくできなくなり、ホルモンバランスが乱れ生理不順や自律神経の乱れが生じます。
 自律神経が乱れると、更年期障害特有の症状と同じような症状が起こるようになりそれが若年性更年期の大きな理由とされています。  

 

似ているけど違う!若年性更年期障害とPMSの違いって?

 

 もしかして自分は若年性更年期障害かな?と思ったら実は似たような症状が特徴のPMS(月経前症候群)だったというケースも多々あります。

 

 PMSとは、排卵後〜生理前の期間に身体に起こる様々な不調をいいます。まだ正式な原因は解明されていないのですが、生理前の期間女性ホルモンプロゲステロンの分泌が増えることと関係があるとされています。更年期症状と同じような幅広く、様々な不快症状が起こります。

 

 生理前1週間頃に不快症状が強まり、生理が始まると収まるという特徴があります。言い換えると、生理後排卵までの間は症状が起こらないといえます。

 

 

PMSは基礎体温を測ることで排卵日を予測し発症時期を予測することが可能ですが、若年性更年期は時期に関係なく不快症状が続きます。

 

 自分の身体のリズムをしっかり把握する意味でも基礎体温を測ることはおすすめです。特に将来妊娠したいと考えている方は必須です。

 

若年性更年期障害セルフチェック!当てはまる人は要注意

 「もしかして若年性更年期障害?」と思っても、まだ更年期には早い年齢なのに・・・と抵抗があり婦人科受診を躊躇する女性も多いかもしれません。
 症状が悪化し取返しの付かないことになる前にセルフチェックしてみてください。

 

@顔が突然ほてる
A暑くないのに汗が噴き出る
B手足、が冷えやすい
C動悸・息切れが理由なくおこる
C寝つきが悪く不眠気味
Dささいなことにイライラする 怒りっぽい
E落ち込んだり不安になったりして憂鬱
Fくよくよしやすい
G頭痛・目眩・耳鳴りなどがある
H身体が重く疲れやすい
I肩こり・腰痛・手足の痛みがある
J生理不順で経血量が少ない
K便秘・下痢気味

 

 このように症状は幅広く考えられます。もし該当する項目が多い方は、早めにかかりつけの婦人科医に相談し、適切な治療を受けることをおすすめします。

 

 婦人科を受診し、血液検査で血中のホルモン値を測定してもらうことで自分が若年性更年期なのかどうかを診断してもらうことが可能です。

 

 該当する数が少なくても、特定の症状がきつく日常生活に支障をきたすくらいの方は早急に受診してください。場合によっては若年性更年期ではなく背後に別の病気が隠れている可能性あります。
 また、忙しい日々でなかなか平日病院に行くのが難しい場合などは、更年期障害の症状に効果的な高機能なサプリメントも多数ありますので上手に活用し症状緩和につなげるのもおすすめです。

 

若年性更年期障害は早めの対策が重要

 ストレスや、疲労などが原因となりホルモンバランスが乱れることで若年性更年期障害は発症します。もし症状が出ている女性は、まずは毎日の生活習慣を見直しストレスを取り除いたり、規則正しい生活をするように心掛けましょう。また、症状が悪化しないためにできれば早めに一度専門医の受診をおすすめします。
 また予防や改善のために、症状緩和につながるサプリメントを取り入れてみるのもおすすめです。

メニュー